江東区「五間堀公園」は暮らせる?

江東区「五間堀公園」は暮らせる?

まずは基本情報から!

■住居名

五間堀公園

 

■電話番号

03-3642-6732

 

■住所

東京都江東区森下2-30-7

 

■MAP

 

■近隣の駅

森下駅

 

■駐車場

なし

 

■広さ(江戸間)

557.31 畳

 

■トイレ

和式あり(男女共同)

公園の様子はこんな感じ!

■遊具

五間堀公園の全体

細長くてあまり広さのない公園なので遊具は少なめ。砂場、すべり台、ブランコ、スプリング遊具といったように最低限のラインナップとなっています。

ただし、「これでええんじゃ!」なんて声も聞こえてきます。必要最低限にすることによって落ち着いた雰囲気を演出しているのです。

また、子どもが集まりにくくなるのも「暮らしやすさ」という観点から考えるといいでしょう。

※水飲み場はあります。

 

■アクセス

五間堀公園と森下駅

この物件の最大の魅力は駅に近いこと。

都営新宿線&都営大江戸線の森下駅すぐ横にあります。これならちょっぴり朝寝坊をしちゃった日でも大丈夫。

「夜道はちょっと不安……」なんて女性でも安心ですね。

 

■歴史

五間堀公園の歴史

五間堀公園には歴史があります。

川幅が5間であったことから堀の名前がつけられ、六間堀とともに江戸時代には重要な水路となっていたそうです。この細長い形については江戸時代に掘られた水路だった場所をそのまま公園として使っているからなんですね。う~ん納得。

お友達が遊びにきたときに話のネタになるのは嬉しいポイントです。

 

■鳩事情

五間堀公園の鳩

気になったのが「餌やり禁止」の看板。

確かに公園内には大量の鳩がいました。「平和の象徴だし、別にいっか!」と思えるあなたこそ平和の象徴。林田的にはちょっと許せませんでした。ごめんない。正直これはちょっとマイナス対象です。

 

■トイレ

五間堀公園の大便器

五間堀公園の小便器

備え付けのトイレはありますが、和式のみです。洋式派の人にはちょっと厳しいかもしれませんね。男女も共同なので、気になる人は気になるかも?臭さはありませんでした。

 

■ルール

五間堀公園のルール

おーっと!ここでトラブル発生!ルールが書かれている看板をよく見てみてください。

飲酒禁止

の文字があります。これは人によっては大きな減点ポイントなのではないでしょうか。僕は家飲みができなくても大丈夫なタイプなんですが、たまには友達を招いてワイワイしたいものですよね。

 

僕のお休みスポットはココ!

五間堀公園のお休みスポット

もう1つ残念なお知らせ。

この物件、実は専用のベッドが備え付けてありません。ベンチはいくつかありますが、どれもお休みスポットとしては適していないので、すべり台をベッド代わりにするかたちになります。

ただし、何度もお伝えしているとおり、実際に寝っ転がってみるとコレがまた快適なんですよ。横幅がしっかり固定されるので、非常に落ち着きます。「包まれてるほうが寝やすい」って人にはおすすめですね。

僕の総合評価は……?

59点 / 100点

林田の評価

林田タクシーからコメント

ごめんなさーい!これはちょっと住めません。駅近物件であることは最高です。歴史がある物件なのもわかります。

しかし、鳩の多さがちょっと……って感じなんですよね。僕が内見に行った日だけなのかもしれませんが、ちょっと許容範囲をこえていました。横になっているときに上からフンでも落とされたらたまりません。やっぱり家の中くらいリラックスしたいですもんね。

……というわけで申し訳ないですが、住めないという判断をさせて頂きました。でも普通に遊ぶのでば充分な公園ですよ!それは林田が保証します!

 

生活のしやすさ    △

トイレの使いやすさ  〇

遊具の充実度     △

周辺環境の充実度   ◎

 

以上、林田タクシー(ホームレス)の公園レポートでした!(๑❛_❛๑)