「ダイエットが続かない」って人はコレを試してみて!林田流のコツです。

「ダイエットが続かない」って人はコレを試してみて!林田流のコツです。

「今より細くなりたいわ!」とか、「イケメンになりたいぜ!」とか、ダイエットを開始する理由は色々あるでしょう。しかし、なかなかそれを続けるのは難しく、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

 

意志が弱いから続かないんだよバーロー!

 

なんて言わないでください。それは非常に昭和的な発想です。老害です。意志とか、根性とかも確かに大事。でもそんなことではなく、挫折しないコツがあるんですよ。ここではダイエットが続けない原因はもちろんのこと、それを解決するための方法も超分かりやすく解説します。

 

これを読んで絶賛ダイエット中の僕と一緒に頑張りましょう。

続かない理由は「我慢」してるから

ダイエットをするときに我慢してませんか?

「当然じゃん」って思うかもしれませんが、我慢を続けることはなかなか簡単なことじゃありません。どこかで限界がきます。

しかも食べるのを我慢したり、運動を我慢してやったり、そんな毎日をおくっていると、「結果がメチャクチャ出て当然」と錯覚します。でもですね。基本的には体重が急激に落ちることはありません。ちょっとずつです。本当にちょっとずつ。

 

そうすると我慢に対して結果が釣り合っていないと思って、途中でダイエットをやめてしまうんですよね。

 

これがダイエットが続かない大きな原因です。

 

習慣化しちゃえばいいんです!

解決方法はすごーくシンプルです。「我慢しなきゃいい」ってこと。すなわち「無理をしない」ってことです。


それは習慣化です!

 

とにかく毎日同じことを繰り返してください。我慢だと思わないくらいに簡単なことを。

 

例えば、ランニング。「週に1回7km走ろう!」ではなく、必ず毎日走るようにするんです。距離はどうでもいいです。自分のなかで我慢だと感じない程度を設定してください。毎日走れる距離が500mならそれでも全然OK。

 

僕の場合、自分にメッチャ甘いので、1日に頑張れる時間はせいぜい10秒です。だから毎日10秒しか運動をしません。10秒間だけ全力で動くっていう10秒ダイエットです(林田考案)。その様子は毎日更新してますので以下でチェックしてみてください。

 

とにかく毎日続けることが大事なんです。理由は簡単。毎日続けることでそれが当たり前になって我慢ではなくなるからです。習慣化しちゃえばイヤとかツライとかではなく、自然とやっちゃいます。歯磨きとかお風呂とかと同じ。

 

やらないという選択肢をなくすために、やれるミッションにしていくんです。それだけで絶対に続きます。絶対に。

 

「頑張る日と頑張らない日を作ったほうがメリハリがでない?」

 

確かにそれはあります。でもダイエットは仕事じゃないんです。自分で課してるミッションなので、そもそもいくらでもサボれるんです。だから緩急やメリハリをつけると、ラクな日が勝っちゃうんですよ。そんで途中でやめちゃいます。仕事であれば、「月から金まで頑張ったから土日は思い切り休もう!」でいいんですよ。強制的に行かなくちゃいけないものだから。でも「やってもやらなくてもいいダイエット」だったらどうでしょう?土日に休んだら。月曜なんてもうやらないでしょう。

 

だから毎日やるんです。毎日やれる簡単なことを。毎日やり続けて、慣れさせてください。大丈夫。2、3週間続ければ必ず慣れるから。

他にもダイエットを続けるコツはたくさんある

ダイエットするデブ男

「習慣化しちゃおう!」ってのは大前提なんですが、この他にも続けるためのコツっていうのはあります。林田が考えるおすすめの継続方法を紹介していきます。それぞれ見ていきましょう。

 

目標を作ること

これはもう絶対に必要です。ゴールがなければ何処に向かって努力すればいいのかすらわかりません。目標は絶対に立ててください。この際には長期的な目標と短期的な目標に分けたほうがいいと思います。長期的な目標のみだと、どうしても高いハードル過ぎてイヤになってしまうので。

 

例えば僕の例を挙げます。

 

長期的な目標

3ヶ月で20kg痩せること。これです。痩せてカッコイイ男になって愛の告白をしたいと思っています。要するにダイエットにおける最終目標ってやつですね。

 

短期的な目標

毎日トレーニングを続けること。こういう感じです。3ヶ月の目標を達成するために「今日やるべきこと」というのを決めます。その結果、僕の場合はとにかく毎日サボらないことを短期的な小さな目標として設定しています。10秒ダイエットです。

 

記録をつけること

これも超大事です。目標に向かって努力しているのであれば、当然のことながら結果は毎日追うべきでしょう。見た目の変化っていうのはなかなか出ません。だから毎日の体重とか、サイズを測定するとよいでしょう。数字として結果が出ていれば、ダイエットを続ける意欲が増すこと間違いなし!今はアプリで簡単に記録することもできるんで活用してみてください。

 

ただし!

 

1つだけ気を付けてください。記録にこだわりすぎて続かない人もいるので。要するに「停滞期でやめてしまう」ってパターンですね。ダイエットの途中には、どう頑張っても痩せない時期ってのが急にやってきます。これは停滞期ってやつ。ダイエットをする人なら誰だって経験があるでしょう。

 

要するに飢餓状態(摂取カロリーが基礎代謝より少ない状態)になると、基礎代謝を少なくして餓死から逃れようとするホメオスタシス効果が働くためです。この停滞期は人によっては超期間(1ヶ月以上)続くこともあるんですよ。その時期がとってもしんどいので、「頑張っても無駄じゃん」って気持ちになり、挫折してしまう人がいるのです。

 

なので、ダイエットの記録はつけるものの、結果がいいときだけを見るようにしてください。下がってなくても「停滞期だからしょうがねーわ!」と楽観的に受け止めてください。停滞期が過ぎれば必ず痩せますから。これは必ずです。

 

ちなみにこの記録をつけるっていう行為については、体重や体のサイズだけでなく、食べたものを記録に残すこともおすすめです。

実はレコーディングダイエットというものがあるんですよ。その日に食べたものを記録に残し、見直すことができるダイエット方法です。食べたものを記録に残して、見直すことによって「ダイエットをしている」という満足感を得る効果があるそうです。

 

ジムに通うこと

次に紹介するのはジムに通うという方法。継続するうえで意外と大事なんですよ。ジムに通えば、専属トレーナーからダイエットのアドバイスをもらえます(完全放置型のところもありますが)。自分で管理できない人にとってはおすすめです。

 

ジムを選ぶときは家や職場に近いほうがいいですね。「通う」ということが億劫になってしまっては元も子もないんで。

 

あとはお金を払ってるからこそ「サボるのは勿体ない」って気持ちになると思います。セルフダイエットよりも続くでしょう。

 

みんなに言うこと

「ダイエットしまーす!」ということを家族や友人、SNSなどで宣言しちゃうんです。もう後先なんて考えずにとにかく大きく宣言しちゃってください。コミットです、コミット。

 

やっぱり自分の中だけで「ダイエットしよう」と思っているだけだと、つい逃げてしまうんですよね。だから自分から逃げ道をふさいでしまうってわけです。そうすれば後に引けないでしょう。

 

また、宣言することでダイエット仲間ができます。これってものすごく大きいですよ。例えば、僕の場合はTwitterでダイエット専用アカウントを作り、「3ヶ月で20kg痩せます!」と宣言してから、効果的な運動方法などのダイエット情報を教えてもらえるようになりました。

 

そしてなによりも同じタイミングで、同じ志を持った人がいることで物凄く支えになります。「頑張っているのは自分だけじゃない」という気持ちが、ダイエットを頑張らせてくれるモチベーションになるんです。


1日食べちゃったからといって諦めないこと

「やっべ!食べ過ぎてしまった!」っていう日は誰だってあると思います。こういうときは次の日が勝負です。「どうせもう食べちまったからいいや」って感じでズルズルいってしまう人は多いんですよね。

 

例えるならボウリングのガター。ちょっとガターが出てしまったら、「もうやる気なくなった」って人はいるじゃないですか。後半は後ろ向きで投げてみたり、利き手と反対で投げてみたり。

 

ダイエットにおいて、これは絶対にダメ。自暴自棄になるんじゃない!と自分にビンタしてやりましょう。摂取した量っていうのはダイエット期間のトータルで考えます。なので、1日食べ過ぎてしまったとしても、翌日とかでリカバリーすれば全然OKなんですよ。

 

ちょっとくらい食べ過ぎてしまったからって自己嫌悪に陥らないようにしてください。いつでも笑ってるアナタ……素敵ですよ。


待ち受け画面を変えること

実は待ち受けダイエットってのがあります。

方法はすっごく簡単。スマホの待ち受け画面を変えるだけです!ホーム画面やロック画面というのは、スマホを触るたびに目にするわけじゃないですか。そんな待ち受け画面をダイエットの名言にしたり、スタイルのいいモデルにしたりすることによって、常に「痩せよう!」っていうモチベーションを保てるわけです。この待ち受けダイエットについては以下の記事で詳しく書いてるんでチェックしてください。意外とマジで効果あるんですよ。

 

 

食事以外のストレスの発散方法を見つけること

食事ってのは最高のストレス発散方法なんですよ。僕はイヤなことがあったときには焼肉屋か寿司屋に行ってメチャクチャ食べまくってきました。そしてお酒もたくさん飲んでイヤなことを吹っ飛ばしてきました。

 

しかし、ダイエットのストレスを食事で発散していたら、もはやコントです。食事以外のストレス発散方法を見つけましょう。それがもしスポーツなら超最高ですよね。学生時代にやってたスポーツとかを再度やってみるのもいいかもしれません。でも別にスポーツである必要はないです。ゲームでもいいし、読書でもいいし、恋愛でもいいんですよ。何だっていいんです。自分に合ったストレス発散方法を見つけることで、無駄な食事や間食の時間を減らすことができるはずです。


以上!

 

いかがでしたでしょうか。とにかくダイエットは継続を意識してください。ストレスになっちゃうダイエットは続かないので意味がないです。もし、今まで1度も続いたことがないのであれば、原因を分析して、それを1つずつ潰していきましょう。

 

痩せてるアナタ……とっても素敵ですよ。(๑❛_❛๑)